2008年11月30日

DC VGA BOX

IMG_0322

なぁんてこったぁ!! (「トップを狙え!」風に)

時間が出来たらゆっくり遊ぼうと思って「サクラ大戦」のPC版は既に買ってあったのだが、とんでもない事実発覚。
WindowVistaの64ビット版では動かない!!
ミスった。どうせOSを変えるならと思って64ビット版にしたのがアザになった。。。。
だが、動かないものは仕方ない。
友人宅から眠っていたDCを確保。(ドライブ音がすごいのが不安だ)
自室でこれまた眠っていた液晶ディスプレイを現役復帰。

そして秘密兵器として「DC VGA BOX」
アマゾンではプレミアがついて一万円を超えていたが、グーグル先生の協力により安い店舗発見。三千五百円でゲット!

DCを液晶ディスプレイに接続することにさらっと成功

IMG_0326

画面はなぜか持ってた「サクラ大戦・花組コラスム2」
いや、綺麗に映るなな。あの頃のゲーム機でVGA接続対応ってすごいよな。

さて後はDC版「サクラ大戦」を買うだけだが・・・・・・

posted by mizuti at 01:55| 鹿児島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン・AV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月28日

「愛ゆえに」〜歌謡ショウ〜

41Y0DR5MC9L 

認めたくない物だな自分自身の偏見ゆえの過ちと言う物を・・・・

ああぁあぁぁぁ・・・・・俺は馬鹿だったなぁ。
歌謡ショウの存在自体は最初から知っていたのに、「ゲームの舞台化?アイリスでかいしカンナちっこい。ファン向けのイベントとしてもギャグにしかならん、コレはないわww」
とか思って見向きもしなかったんだよな。なんたる阿呆。

ニコ動で何気に見なかったら、このおもしろさを知らずに過ごすとこだった。あぶないあぶない。
感謝の印に今度プレミアム登録しておこう。マジでニコニコは役に立つな。

見てしまったからには、もう集めるしかないってことで「愛ゆえに」
記念すべき第一回歌謡ショウではあるが、最初だけあってまだ少し固くて歌も少ない。
だけど、十分楽しい。カンナやアイリスの自虐ギャグもこの頃からあったんだな。
それにしてもマリアのはまりっぷりがすごい、身長がもう少しあったら完全に本人だな。

次は第二回歌謡ショウの「つばさ」だけど何処も在庫なしだ。。。
中古で探すか、駄目ならオークションに手を出すかな。

posted by mizuti at 12:41| 鹿児島 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | サクラ大戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月19日

買っていた物

IMG_0321

ここ数ヶ月で色々な物を買っていたのだがやる気無し状態がたたってほぼ未開封。
最近ようやくヘッドホンとアイマスを開封した。

しかし、今回のやる気零状態は異常に長かった。
ディスカスで借りたDVDなんて何ヶ月置きっぱなしだよ・・・金の無駄だし迷惑だねこりゃ。
やるきないのに買い物だけはしっかりしてる当たりどーにもこうにも駄目人間だ。
最近は「ROGUE」「ミスト」と映画は見てるし、ゲームもぼちぼちやってるし少し部屋の模様替えでもして気分を一新させてみようかね。

ボーナスも出そうだし例のブツに手を出すのもいいかもしれん。ふっふっふっ・・・

posted by mizuti at 00:59| 鹿児島 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月09日

ミスト

img_8439_28752_1

すごい!ひどい!すごい!ひどい!すご(以下無限ループ)

「ダークナイト」を見た後は主人公の前途の暗さを思って暗鬱たる気持ちになったが、「ミスト」では前途が無い。あのラスト。晴れ渡った空があまりに無残なあのラスト。
この監督、スタッフは絶対まっとうな頭は持っていないと確信した。
ホラー映画に星の数ほどある悲惨なラストも「ミスト」の前では道を空けるしかあるまい。

 

とにかく緊張感がすごい。ぴりぴりした感触が序盤からラスト近くまで続く。
そのほとんどが人間同士の諍いってのがまた救われない、特にあのおばちゃんね。
映画見てこんなにイライラしたのは本当に久しぶりだ。あの隣家の弁護士とかはまだいいんだ、本当はすごく怖くて自分の世界から出たくない、だから倉庫に確認も行かない。
ここまでは解るがアノおばちゃんまでイっちゃうともう駄目。
本年度の「本気で惨殺したい映画キャラ」第一位をぶっちぎりで受賞です。
だから、退場したときは本当にすっきりした。あんなにあっさりじゃなくて化け物共にむしゃむしゃ食われてほしいと思ったぐらいだ。つうか、途中で出てきた羽有りはなにやってんだ。嫌なのはわかるがあそこでがぶっと行っとけよ!!
何回も見直したいけど、コイツの出てくるシーンは飛ばしたい衝動に駆られる。。。

格好良かったのはお婆ちゃんと眼鏡の店員ね。
二人ともやるときゃやる!!特に眼鏡の方は頼りない外見なのに一番活躍してた気がする。脱出組にはみんな生き残って欲しかったよ。でも、ラストで軍隊現れてハッピーエンドだったら、それはそれで嫌な映画になるだろうな。
そして気になる居残り組。生き残れた様にも思うが、変な宗教の町になるかもしれない
な。。。

キングの原作映画で傑作ホラーはこれが初めてじゃなかろうか。「デッドゾーン」は異能者の悲劇の話だしな。

今回得た教訓
人事を尽くしたら天命を待て。お昼寝とかするものいいだろう。早まるなよ!

今これ書きながら見直してたんだけど、主人公のやることって結構裏目に出てるな。拳銃拾うシーンとか、それを拾うんじゃない馬鹿者がぁ!!とか思ってしまう。。。
posted by mizuti at 12:46| 鹿児島 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月01日

ROGUE

200809_05_66_c0154066_1812359 

「ねこめがね」の主るしは氏より送られてきた一品にしてなかなかの逸品。

正当派モンスターパニック映画。
輸入盤なので全編英語なのが残念。日本の映画会社は何をやっているんだ。
巨大ワニに襲撃され川の中州に座礁した観光船御一行のの脱出劇を描いた映画。
これだけだと、よくあるB級ホラーぽいけど、中身はかなりしっかり詰まってます。

ほんのり観光から突然の浸水、座礁。脱出作戦の失敗と増える水嵩、再度の脱出そしてラストバトル。
そこまでの話の流れに強引な部分がないから鑑賞中に思考が途切れることがなく集中出来る。
登場人物も数多いから半分以上は食われ役かと思ったら、ちゃんとそれぞれのドラマを見せてくれます。何言ってるのかは分かんないけど・・・・・
最初チンピラみたいな感じで出てきた兄ちゃんとか他のホラーなら真っ先に消えそうな中年親父とか良い味だしてくれます。

そして主役のワニ!
なかなか姿を現さない所はこの手の映画の定石だけど、最初の犠牲者が出たシーンは戸惑った。ちょうど煙草に火をつけようと画面から一瞬目を離したら登場人物あたふたしてて女の人が叫んでる。よく見てみたら一人足りない。
すごくあっさりしてて逆に衝撃的だった。
他のシーンでもとりあえず目の前の一人を食ったら周りの奴には目もくれないとか「おりゃぁ、エサ食ってるだけですよ」感が爬虫類してて実にいい。
得意技ワニローリングも見れて実に満足。

これはるしはに感謝だね。輸入盤のDVDなんて自分じゃ絶対見ないもん。
ちなみにるしはが書いてた「え?もう終わり!?」感は確かにあった。
人間集団VSワニでもう一波乱あるかと思ってたから、ヒロイン離脱でかなりびびった。
あと、ワンコね・・・あそこは少し鬱・・・・

posted by mizuti at 14:15| 鹿児島 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。