2009年04月22日

戦場のヴァルキュリアのOPの事

ごめんなさい。正直すまんかった・・・・・

「戦場のヴァルキュリア」がアニメ化されたわけだが、そのOP曲「明日へのキズナ」を歌うのがアニソン大会の優勝者で外国人だというのは知っていた。
ごめん。「話題作りこみの受賞だろ?」とか思ってました。
ヴァルキュリアのOPを聞いて、あれ?って思いニコニコ動画に大会動画があったので見てみた。

音楽の素養がゼロどころかマイナスである自分が聞いても分かった。
一人だけ違うレベルでしたよ。

日本語の歌詞を完璧に歌っていたので、日本育ちかと思ったら来日半年。
その前はアニソンの歌詞を辞書で引いて、独学で学んだって言うんだからすごすぎる。
だからだろう、歌は完璧なのに日常会話はまだ苦手らしい。

なんか申し訳ないのと応援の意味も込めてCDでたら買うよ!
でも、5月27日って遅いだろ。アニメのOP曲って放送開始と同時くらいに売り出したほうが売れると思うんだがなぁ。

posted by mizuti at 13:02| 鹿児島 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気になるモノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月20日

戦場のヴァルキュリア「イーディ分隊大作戦」

自分が買ったのはベスト盤だったので、DLCで600円だった「イーディ分隊大作戦」がおまけで付いてきました。
せっかくなのでプレイ。

どうやらファン投票か何かで人気のあったサブキャラでのサイドストーリーで難易度はハード
でも結構さくさく進むので、俺もうまくなったなといい気になっていたら・・・・

すぅぅぅぅぅじぃぃぃぃぃーーーーー!!おまぇって奴はぁぁぁぁ・・・・・・

本編で自分が一度も使うことが無かった縦ロール髪の女「スージー」
こいつの「パーソナルポテンシャル」の「博愛主義」はやばすぎる。
敵を目の前に勝手に行動終了って作戦台無し。何度やり直した事か><
敵兵よりもこいつが一番の問題だった。

でもやりごたえはあったな。面白かった!
もう一つのDLCはどうしょっかなぁ。帝國の巨乳さんには思い入れ無いんだよなー。

posted by mizuti at 02:08| 鹿児島 | Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月18日

ついに来た・・・

久しぶりにXbox360を起動させたら、、、赤い。。。。

ランプの所、三つも赤いよ!!

月曜なったら電話するか・・・

posted by mizuti at 13:40| 鹿児島 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月15日

戦場のヴァルキュリア一周目クリア

「プリンス・オブ・ペルシャ」「テイルズ・オブ・ヴェスペリア」に続き「戦場のヴァルキュリア」もクリア

前に全画面に出来ないとかほざいていたが、モニターの設定いじったらあっさり出来た。よく考えろ自分><
やっぱゲームはやる気のあるときにがーーーーって一気にやるのがいいな。
おかげでこの一週間寝不足気味だけど、とても満足。

いやいいゲームだ。これは。
システムもグラフィックも秀逸だし、シナリオも予想以上だった。
もちろん粗と言うか、突っ込みを入れたくなる点もあるがそれを物ともしない魅力に溢れていた。
ヴァルキュリアの存在でどうなるかと思ったが、うまい具合に抑制して最後までレトロな戦争物で通してくれた事もうれしい。
相手側の兵器が巨大で多砲塔な戦車だったり列車砲なのも、敵味方共に戦闘服がかっこいいのも一々ツボだよ。
アリシアの制服がスカートなのだけが残念。まあ、中にズボン履いてるらしいので納得しとこう。

主人公のウェルキンとヒロインのアリシアがいいんだまた、これが。
結構最初からラブラブな雰囲気なんだけど、何というか微笑ましくて全然うざくない。
16章のウェルキンはすさまじくかっけー!こんなに一直線でかっこいい隊長はサクラ大戦の大神隊長以来だぜ!
と、思ったらスタッフほとんど同じなのね。まあ、広井王子と田中公平が居ないから別物だわな。

しかし、やりおえた後の感想が、「これはおとぎ話だねぇ」だったのは自分でも驚き。
戦争部分からあえてドロドロした所を薄めて恋愛部分はほのぼの&剛速球だったのと、水彩調のグラフィックに全体のシステムが本を読む感覚で作られているのも大きいと思うが、ウェルキンとアリシアの恋物語が最後まできっちり書かれてるのも大きいんだろうな。
続編が開発中の噂があるけど複雑だ。このメンバーでまたやりたいとも思うけど、彼らの物語は完結してるんだから不要とも思う。
まあ、国を変えるか時代を変えて新メンバーってのが妥当だろうな。

さ、ベスト盤に同梱されてた「イーディ分隊大作戦」の方もやってみるかね!

posted by mizuti at 23:00| 鹿児島 | Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月10日

戦場のヴァルキュリア 其の2

IMG_0347.JPG

PS3のテーマをヴァルキュリアにして見た。
牧歌的な雰囲気でほんわか気分

ゲームの方は現在中盤で出てきましたよ。
ゲームの設定でお約束の「古代文明」ってやつが。
自分としては世界大戦の片隅でおこった小さな公国の、一小隊の物語で最後まで行っても全くかまわなかった。
つうか、そっちが好みだったがソレは後の展開次第かな。

残念なのは、主人公の乗機「エーデルワイス」号のプラモデルが出ていない事。
そして、小っこいフィギュアで男共のやつが発売されていないこと。
戦車の前に小隊メンバーずらっと並べて飾っておきたいのが人情だろ?

まあ、男共のフィギュアは売れないだろうと言う判断はよく分かるが・・・・・・

IMG_0350.JPG

もう一つのテーマ。渋いぜ!

posted by mizuti at 12:34| 鹿児島 🌁| Comment(0) | TrackBack(1) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月04日

戦場のヴァルキュリア

5193RgKVBtL._SL500_AA280_.jpg
そろそろPS3もゲーム機として使って見たくなったので買った一本。
評判が良かったのと、水彩調で書かれた世界が好みってだけで購入
結果は今のところ大当たり!

世界観・システム・ストーリー共にばっちり
特にシステムがいい!ターン制ストラテジーってやったこと無かったけどいいね。
小隊レベルだからごちゃごちゃした戦場にはならないし、キャラの個性付けもあるからお気に入りメンバーで突撃隊や防御部隊組んだりも出来る。
ゲームとしてもバランスよく甘すぎる事もない、HP0になった隊員をは3ターン以内に救助しないと戦死扱いで二度と登場しないとか、意外にシビア。
水彩風に書かれたキャラが撃たれて倒れる所はリアルな作風のゲームよりある意味きつい。

不満は画面が一定の大きさで固定されて全画面に出来ない事。
水彩調だから拡大することによって見える粗で雰囲気を損なうことを防ぐ為なのだろうか?
まあ、それほど気にしてる訳ではないし、統一された癒し系の画面で行われる戦争って悪くないですよ。
posted by mizuti at 23:57| 鹿児島 ☔| Comment(2) | TrackBack(1) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月03日

TOV PS3移植決定

4月一日ネタかと思っていたら確定情報だった様だ。まずは目出度い。

でも新キャラって何?ほぼ一年遅れでの移植だからウリが必要なのは分かるが、TOVの主人公チームは家族的な雰囲気が良かったから変に中に絡めるとぶち壊しになりかねないぞ。
スポット参戦とかなら問題ないと思うがどうする気かな。そんな所に労力つかうなら所々にあるしょぼい演出をなんとかするべきだと思うがね。

まあ、自分としてはBDの大容量を生かして、全シーン完全フルボイスでスキット増量。
これだけで購入動機には十分なんだ頼むよナムコ。

なんにせよ次の展開があって良かった。
好きな作品がフェードアウトしていくのは悲しいからな。
でもXboxの方もフォローして欲しいな、2chとかだとで怨嗟の声上げてる人もいるしね。(^^;

posted by mizuti at 14:07| 鹿児島 | Comment(2) | TrackBack(1) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スチームボーイ

やっと見たー
大友作品でスチームパンク。クオリティに期待は出来るがお話としてどうだろうと言う不安はあった。

結果的には予想通り
冒険活劇としての爽快感は薄かった物の、レトロなメカが高クオリティでガシャガシャ動きまくる様を見られて大満足。でも何度も見返す気にはなれないな。。

posted by mizuti at 13:49| 鹿児島 | Comment(2) | TrackBack(1) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。