2009年05月14日

海の底

海の底.JPG

アニメの「図書館戦争」が気に入ったので、原作を読んでみようと思ったのだがライトノベル原作って言うから文庫かと思ったら単行本だった。
迷った末同じ作者の文庫が有ったので手を出してみる。

うれしい誤算。怪獣物だった!
敵はエビ!最初の10ページ読めば分かることだから書くけど巨大エビ!エビボクサー級のやつ!
でもこいつら怖い。猫科の捕食生物と違って殺してから食うなんて頭ないから、動けなくなった相手にたかってそのまま食う。
しかも、甲殻類だから警察の銃なんて角度が浅いとあっさり弾く。
突如現れた巨大エビに占拠された米軍横須賀基地を舞台にして、戦う機動隊と潜水艦内に閉じ込められた自衛官の物語。

全体の状況を動かすのは、地元警察の明石警部と警視庁の烏丸警視正。
警察は重火器を持たないので、防御戦をはってジェラルミンの盾を使って肉弾戦で防ぐのがやっと、でも機動隊が頑張れば頑張る程、政府の自衛隊投入が消極的になっていく。
しかも、自軍基地を蹂躙された米軍は爆撃も辞さずの態度。
明石と烏丸は敵を封じ込めながら、自衛隊を引っ張り出す為に悪戦苦闘するわけだがここが男のドラマだよ。格好良すぎ。
この「海の底」とその前に出た「塩の街」「空の中」は「自衛隊三部作」と言われているらしいけど、「海の底」は機動隊モノじゃないだろうか?
あと、生物学者の「芹沢」博士も出ます。

で、海自の方はどうしてるかと言うと
13人の子供たちを2人の新米幹部が保護して停泊中の潜水艦に立て籠もると言う、サバイバル状態「15青年少年少女漂流記」か?と思ったら作者はホントにそれを書きたくて書いていたようだ。

でも中盤は辛かった。この作者嫌な奴書くのうまいわ。
出てくる子供の一人が本当に嫌な奴で、こいつが出てくるところは飛ばし読みしようかと思ったぐらいだ。
でも終盤色々な事にきづいた彼が苦悩する所は少し気の毒に思えたぐらいだった、良い経験したなお前。
他にも子供たちのドラマが盛りだくさんで、常に緊張感を失わないのがすごい。この作者当たりだな。

(・∀・)ニヤニヤ((o(´∀`)o))ワクワクのラブストーリーもあるよ!乙女の純情おそるべし!!

posted by mizuti at 16:04| 鹿児島 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月31日

「愉悦の蒐集」「三国志」「ストロベリーシェイク2」

IMG_0339

「愉悦の蒐集 ヴンダーカンマーの謎」

-スチームパンク大百科-で初めて知った言葉。 「不思議の部屋」とか「奇っ怪な蒐集室」を指すらしい。 イメージとしては小説や漫画に出てくる科学者や魔法使いの、訳解らん物が積み上がった不気味な屋敷かな。 この本では西洋の貴族たちのコレクションがヴァンダーカンマーとなり、やがて分類され博物館化していく様子を写真や絵を使って説明している。 やっぱいいなぁ。何に使うか分からない怪しい機械。謎の骨、古びた書籍が引き締めあってる様子は心躍るものがある。

希少物や珍品蒐集なんて事は、貧乏サラリーマンには到底無理だけど、既存物でそれらしい雰囲気の部屋を作るぐらいならなんとか為るんじゃないかって気になってきた。

「三国志」 北方謙三

ニコ動で架空戦記物を見てるうちに再読したくなったけど、今まで読んできた三国志物って「三国志・演義」ベースの小説ばかりだったので「三国志・正史」ベースの小説も読もうと思って購入。
この人の小説は初めて読んだけど、淡々とした文章で合戦シーンもさらっと終わるな。人物描写もあっさり目で、うーん続きを読み進めるか迷ったけど、2巻で出てきた呂布がいい!
すっげーストイック。無双の強さは演義と変わらないけど、憂いをおびた人物に書かれてて惹かれる物があった。でも、3巻の最後で退場・・・(´・ω・`)

続きどうすっかなぁ・・・孔明登場まで読んでみるかな。。。

「ストロベリーシェイク」2巻

よっしゃあぁー!!2巻キタ――(゚∀゚)――!!

でも、これが最終刊かーorz

まあ、季刊雑誌だし、一時はもう続き出ないんじゃないかと思ってたからうれしんだけどね。
でもこの作者はどんどんスパークして行ってるなぁ。古くからのファンとしてうれしい限りだ。
前回は笑い転げて腹筋が痛いほどだったが、今回は笑い成分は少々控えめ。(・∀・)ニヤニヤ成分が多めです。まあ、笑いよりもなんと言っても
樹里亜さん!かっこいいです!男前!!

これに尽きるな。変態で馬鹿だけどかっこいい主人公だった。
またこの手の物書いて欲しいな。

posted by mizuti at 15:06| 鹿児島 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月11日

「はやてXブレード」「人類は衰退しました」

IMG_0338

年末に買った本。

「名勝たちの決定的戦術」PHP文庫

古代からの26の戦いをクイズ形式で説明。
図解もあって解りやすく例も沢山あって色々な戦術を知れてそこはいいんだけど、やっぱり俺はその戦いに及ぶ経緯とか指揮官の性格とかが解る本のほうがいいなぁ。
クイズやってみたけどことごとく外した><
この辺が戦略ゲームで勝てない理由。

「はやてXブレード」九巻

やっとキタ――(゚∀゚)――!!
長かったなぁ。前の掲載誌が潰れたときはもう駄目かと思ったが無事にウルトラジャンプに移籍して、しかも表紙まで飾ってるんだからたいしたもんだ。
しかし、この漫画はフェードアウトしてくキャラがホント居ないなぁ。
星川・月島組とか浅倉・貴水組なんてもう消えててもおかしく無いのに結構頻繁に出てくるもんなぁ。あと、漫才コンビとか。。。。

綾那の因縁にもうすぐ決着が付きそうだけど、ナギとかチチ出てきたますますおもしろくなってきた。これは10巻と言わず20巻ぐらいいくか?

そして、帯の裏にあった「ストロベリーシェイク 2巻」やっほー
一巻発売からかなり経ったからどうなってんのか不安だったが、ようやく出るのか楽しみだー!

「人類は衰退しました」4巻

「アイ・アム・レジェンド」を買い直した時に、他にも人類絶滅ものが無いかと思って適当に検索して買ったんだけど大当たりだったもの。

ハートフル社会派SFコメディ。で、いいのだろうか?
人類は既に滅びを受け入れていて、地球の支配権を次の人類である「妖精さん」に受け渡している所がおもしろい。しかも、「妖精さん」の方は全く自覚無しで超科学で遊びほうけているだけ。

ほのぼのとしたメルヘン風味なんだけどさらっとダークな描写があったりして非常に俺好み。
読み切りかと思っていたが、シリーズ化してくれてとてもうれしい。もぅと続くといいな。

posted by mizuti at 15:42| 鹿児島 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月09日

「はやてくXブレード」と「夢のアトサキ」

おおおぉっぉおぉ!

八巻でてるじゃねぇか。これだから田舎はよおぉぉ。
しかしこの作者が八巻とは、やはり自分のフィールドを見つけた人は強いって事か。
この巻だとバトル少なめつうか、対ドナ戦しかないw
まあ、このまったりとした冬休みが終わるとかなり色々な展開がありそうで楽しみ。
過去のキャラのフォローも忘れないのがこの人のいいところだね、今回はお気に入りの夕歩と朝倉が少ししか出番なくとちょい残念だが。

あとがきではまとめに入るような話もしてるけど、このペースだと10巻は楽に超えてくれそうでうれしい。
継続して買ってる長編漫画ってあとはハガレンとベルセルクくらいしかないしな。

やっぱこの作者は短編の方がいい味出してるな。

行き場のないモヤモヤ観とか手の届かないモノに対する憧憬とかを短編とか単行本一冊ぐらいで纏めるのはホントうまいわ。
新しい連載もやってるみたいだけど、短期集中型でこの手ものもバンバンだしてほしいなぁ。

posted by mizuti at 01:11| 鹿児島 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月23日

刑事コロンボ・完全捜査記録

時間つぶしに入った本屋で偶然見つけた一冊。
懐かしさで買ったがいいね、これ。

まずびっくりしたのが、コロンボが全69話もあったと言うこと。
もしかして俺って三分の一も見てないんじゃないか?
版権の問題か写真は一切ないけど、中のイラストは味があっていいし、結構細かい設定や関係者のインタビューなど読んでて楽しい。
各エピソードの紹介でストーリーを書きすぎてる気がするが、コロンボの場合はその辺分かっててもあまり問題ないしね。

レンタルで完全版とか出てるし、久しぶりに見てみるかな。
posted by mizuti at 00:44| 鹿児島 | Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。